車庫証明

車庫証明の手続き


車の車庫証明の書類は陸運局ではなく警察でもらう事が出来ます。
書類は4枚複写になっていて以下の内容を書くことになるので、車の車検証を見ながら書くようにしましょう。

・日付
・申請者の氏名と住所
・4枚複写のすべてに印鑑
・車名
・型式
・車体番号
・自動車の大きさ
・使用の本拠の位置(現住所)
・保管場所の位置(駐車場の住所)
・自動車登録番号(ナンバーの事)
・連絡先


所在図と車の配置図も必要になります。
所在図は市販の地図かネットでコピーした住所と駐車場の位置が分かる物を用意し、切り取って枠内に貼り付けても良いですし、別紙参照の形で添えても良いです。
使用の本拠である住所と保管場所の駐車場に印を付けて、直線距離が分かるようにして置いてください。

配置図は定規などで手書きで作成します。
駐車する土地のどの位置に車を置くのか、駐車場から出た道の幅などの簡単な拡大図を描けば大丈夫です。(道や土地の幅などはメジャーなどで計り、長さを地図内に明記します)

車の保管場所が自分の土地であれば保管場所使用権原疎明書面に必要事項を記入します。
車の保管場所がアパートなどの駐車場なら保管場所使用承諾書を大家さんに書いてもらい、月極駐車場なら契約書のコピーか領収書を用意します。(受け付けてもらえない場合も考えられるので、その場合は保管場所使用承諾書を月極駐車場の管理している人に頼んでください)

書類が揃ったら警察署で印紙を購入し、申請書に貼って窓口に提出します。

窓口で引き換え書類を受け取ったら、数日内に警察が駐車場を確認してくれるので、後日引き換え書類を持って警察に行けば車庫証明がもらえます。
何時警察が駐車場を確認するかは分からないので駐車場に他の車を止めない様に注意してください、もし止まっていたら許可が下りない場合もあります。


新車購入時の車庫証明

新車購入時に自分で車庫証明を取るには、新車の車体ナンバーが必要になります。
新車ディーラーに教えてもらい、書類の自動車登録番号は空欄で提出します。
車の車庫証明が出たら新車ディーラーに持って行けばOKです。

新規登録で車のナンバー取得も自分で行う場合は、新車ディーラーに必要書類をもらって陸運局に行かなくてはなりません。

 

Copyright © 2006 新車・中古車の節約購入ガイド. All rights reserved