購入店について

中古車販売店を選ぶ

”中古車購入の準備”でもありましたが、車を中古車販売店で購入する際は、中古車販売店を慎重に選ぶ必要があります。

すべての中古車販売店が優良店であれば問題はないのですが、中には事故車、塩害車、冠水車にメーター戻しを伏せて販売する業者の方もいます。
こういった車は大抵相場に対して割安なので、安さだけに目を向けるとこういった車を購入するハメになります。

簡単にお店に行く際に気を付けるポイントを挙げると

1.自分の欲しい車の基準額を知っておく事
2.中古車販売店には絶対昼間に行く事!
3.中古車販売店に整備工場もしくは提携工場がある事!
4.細かい質問を嫌がらない中古車販売店(販売員)である事!
5.車の情報が細かく確認できる事!
6.車を実際に見て、試乗が出来る
7.即決は絶対しない!


「自分の欲しい車の基準額を知っておく事」は、たくさんのお店を回る方法とインターネットで見積もりをする方法があります。最近は気軽にインターネットで見積もりも出しやすく、お店を回るよりお手軽かもしれません。

サイト内でネット見積もり手順について説明しています。ガリバーのネット見積もりについて


「中古車販売店には絶対昼間に行く事!」ですが、これは昼間と夜では気が付くはずのキズや汚れにも気が付かず、後で後悔する事になるので是非昼間に行く事をお勧めします。


「中古車販売店に整備工場がある事!」は当然整備が出来る工場を持っているかどうかなんですが、ついでに認証工場かどうかも聞いておきましょう。

本来分解整備は国の認可を受けた「認証工場」もしくは「指定工場」しか出来ないようになっています。
そうでない工場は外注で整備をする事になります。
更にこの時に「自動車公正取引協議会」や「日本 中古自動車販売協会連合会」
などに加盟しているかどうかも聞くといいかもしれません。
もし加盟していれば、万一トラブルが起きた時はこれら団体が仲介してくれます。


「細かい質問を嫌がらない中古車販売店(販売員)である事!」はとても大事です。
この対応がトラブル時や困った時の対応に繋がるからです。

中古車販売員の言いなりにならず、どんどん質問し、もしこれで嫌がったり答えない様なら、ちょっとそのお店は考えた方がいいかもしれません。
中古車販売の優良店というのはこういった事で嫌がったりはしないものです。


「車の情報が細かく確認できる事!」は中古車販売店が車の情報をお客さんに伝える努力をしているかどうかと言う事です。

価格表示と共に年式、走行、車検に加えて車両の現在の状態を細かく表示する中古車販売店は優良であると言えると思います。


「車を実際に見て、試乗が出来る」これは絶対に必要です!
中古車のチェックすべきポイントは後々お話しますが、想像しているのと実際乗った感じというのは、以外にギャップがあったりするものです。
乗らないと気づかない「音」「振動」「乗り心地」「臭い」などもチェック出来ます。


「即決は絶対しない事!」あたりまえですが、中古車販売員は他の店にお客さんを取られたくありません。
ですからあの手この手で決めにかかります。
「今決めていただければ、端数は値引きしますよ」とか「今日はキャンペーン中で、今決めればお好きなオプションが・・・」などなど。

本当に即決したほうが得な場合もない訳ではありません、ですがほとんどの場合
は後からでも同じ条件で契約できます。
車の見積もりをもらったら、いったん家に帰って冷静に考えた方が賢明です。

上記のポイントを抑えた上で出来るだけ多く中古車販売店を回って、より良い中古車販売店を見つけましょう。


Copyright © 2006 新車・中古車の節約購入ガイド. All rights reserved