自動車保険の基本

自賠責保険と任意保険


自動車保険には新車購入時や車検時に加入が義務づけられている自賠責保険と自賠責保険だけでは補償しきれない対人事故や車両、物損事故等をカバーする任意保険があります。

自賠責保険は加入が義務であると共に、自賠責保険の証明書を車に積んでいない場合は30万円以下の罰金となり、有効期限切れの状態で公道を走行した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。自賠責保険は被害者への最低限度の救済が目的なので、加害者の救済はあまり考慮されていません。

実際には自賠責保険の限度額を超える保障を請求される事もありますから、そういった場合も想定して任意保険にも加入する事をお勧めします。

保険の自由化

現在は保険の自由化によって各社様々な自動車保険が提供されていて、それぞれに合った補償条件と保険料を選べるようになったので選択の幅が広がった反面、内容を把握していないと保証が重複したり必要のない保険料を支払ってしまっている場合のありますから、自分が加入している保険の補償条件はしっかり把握しておく必要があります。

任意保険は継続する車の経費となりますから、しっかりと見直しを計りましょう。

 

Copyright © 2006 新車・中古車の節約購入ガイド. All rights reserved