名義変更

同じ地域でナンバー変更のない場合


名義変更する際に、同居の親の名義から子供に移す場合や個人売買で名義を移す場合は、陸運局で手続きをしなくてはなりません。

手続きに必要な委任状や譲渡証明書は陸運局にあります。陸運局に出向く場合は実印と印鑑証明が必要で揃える内容は以下のとおり。

▼旧所有者に提出してもらう書類
・車検証
・自賠責保険証
・納税証明書
・委任状
・譲渡証明書
・印鑑証明

▼新所有者が提出する書類
・委任状
・印鑑証明
・車庫証明

▼名義変更する際の注意する点
・車検の有効期限が切れていないかどうか
・車検証の所有者が本人であるかどうか
・自動車税が納付されているかどうか
・印鑑証明は発行後3ヶ月以内のものかどうか
・車検証の住所と印鑑証明の住所が一致しているかどうか
・新所有者の車庫証明が揃っているかどうか


車検証の所有者が販売店などになっている場合は、所有権を解除しなくてはなりませんので、販売店に連絡して販売店の実印を押した委任状と印鑑証明を貰ってください。
(前の所有者にローンの残債が有る場合は所有権解除出来ません)

委任状は新・旧所有者が陸運局に同行できない場合に必要となり、実印を押さなくてはなりません。
また車検証の住所と旧所有者の印鑑証明に記載されている住所が違う場合は、住所を関連付ける必要があるので、移転前と移転後が記載された住民票などを市役所でもらって置いてください。

記載する内容はそれほど難しくなく比較的簡単ですが、書類の不備に気を付けなくてはなりません。


名義変更を伴うナンバー変更

ナンバー変更には封印を壊して自分ではずさなくてはならないので、陸運局に行く際に工具を準備しておきましょう。(ドライバーが必要)
手続きは名義変更の書類に税金を納め、申請書を作成して提出し、新しい車検証を受け取ります。
受け取ったらナンバーをはずして、新しい車検証と共に窓口に提出して新しいナンバーを受け取ります。
ナンバーを車に取り付け、係員が車体番号と車検証が一致している事を確かめたら封印をしてくれるので手続きは完了です。

 

Copyright © 2006 新車・中古車の節約購入ガイド. All rights reserved